まぶたのたるみを改善して-10若々しい目元へ

確実に若返る施術
「眉下切開」を徹底リサーチ

目のたるみに悩みを抱え、その対策を検討中の方向けに、「目の上たるみ対策委員会」が東京都内で眉下切開ができるドクターやクリニックを調査いたしました。眉下切開で定評のある名医や基礎知識、施術の傷を目立たなくするメイクなど、眉下切開に関する情報をわかりやすく解説します。

眉下切開なら自然なかたちで
目元をリフトアップ!

以前はすっきり引き締まっていたまぶたが、目が腫れぼったく見えるほどたるんで重たく感じる。視界も狭くて目も疲れやすい…といった症状で悩んでいるかたが意外に多いのではないでしょうか。

目の上のまぶたがたるむ原因として考えられるのは「皮膚の老化」、パソコンやスマホなどによる「目の酷使」、さらには紫外線など外的環境のストレスによって肌のハリが失われ、たるんでしまうことなど複数の要因が挙げられます。

まぶたの状態やまぶたがたるむ原因によっていくつかの治療法があるのですが、みなさんはその施術のひとつである「眉下切開」という治療法をご存知ですか?

眉下切開とは、眉毛の下のラインに沿って皮膚を切開し、たるみが残らないように皮膚を引き上げて縫い合わせる施術法のこと。眉下のラインぎりぎりを切開するので、傷や腫れが目立ちにくく、また余分なたるみも取り除くことができるという特徴があります。

施術を受けることで眉下ラインのリフトアップされるため、若い頃の自分本来の目元を取り戻すことができますし、自然なかたちで目元をリフトアップすることができます。美容整形したことを周囲に知られたくない方や、たるみを一気に解消したい方には、ぜひ知っていただきたい施術です。

そこで、このサイトでは東京都内にある、眉下切開による施術に関して優れた技術を持つドクター24名をピックアップし、その実績やプロフィールを調査しました。

さらに眉下切開の名医が在籍するクリニックの情報もリサーチ。あなたのお住まいや職場から通院しやすいクリニック探しと、安心して施術を依頼できるドクターとの出会いにお役立て下さい。

眉下切開とは

上まぶたのたるみをナチュラルに除去し、本来の自分の目元(若々しい目元)に戻れる「眉下切開」。次のようなお悩みを持っている方に、おすすめの施術です。

こんな方に
おすすめの
治療法

  • まぶたのたるみをなくし、若々しくなりたい
  • 上まぶたが腫れぼったくて目が小さく見える
  • 二重の幅を自然に広げたい

眉下切開の特徴

眉下切開イラスト

「眉毛下切開」とは、眉毛の下縁に沿って皮膚を切開し、数mm~1cm程度の余分な皮膚を切り取ることでたるみを解消する方法です。
上まぶたのたるみを除去することで、加齢などにより症状が悪化した目の上のたるみをスッキリさせられる美容医療として人気があります。「眉下切開」「上眼瞼リフト」「上眼リフト」とも呼ばれています。

「目のたるみ対策委員会」編集部が独自に調査を行い、東京都内で眉下切開を得意とするドクター24名を紹介します。目の上(まぶた)の切開は、目のたるみが改善できる効果の高い手術ですが、眼球への影響を考えると副作用など不安材料が残る治療法です。その点、眉下切開であれば、そのリスクを回避することができます。ただし、眉下切開は、ドクターの高度な技術が求められる施術ですので、“確かな腕”を持ったドクターに治療してほしいもの。

そこで都内にある眉下切開で高い実績を誇るドクターとクリニックを、銀座、六本木、渋谷、新宿、池袋の5つのエリア別にピックアップいたしました。ドクターが在籍するクリニックの公式サイトを調査し、医師としての実績、症例数、所有資格など各ドクターのプロフィールや、クリニックの特徴などをリサーチ。各エリア別に特に推薦したいドクターを1名ずつ選出いたしました。

このサイトで、あなたのお住まい、あるいは職場からでも通いやすく治療も信頼して任せられるドクター選びに活用いただければ幸いです。

銀座エリア

腫れない・痛くない技術を持つ眉下切開の専門家 筒井 裕介 医師 セオリークリニック

医師 シルエット

熟練した技術で腫れにくい施術が定評

目の周りの施術全般において経験値が高い筒井医師。まぶたの治療は“腫れやすい”イメージがありますが、腫れのダメージを最小限に留めることで術後の回復を早め、自分が本来持っている目の美しさを取り戻す施術が特徴です。

六本木エリア

年間500を越える手術を執刀、眉下切開の治療も豊富 境 隆博 医師 六本木境クリニック

医師 シルエット

来院する患者の多くが“眉下切開”を選択

形成外科医として、10年以上も研鑽を積んできた境医師。まぶた治療の経験も豊富で、来院する患者の多くが「眉下切開」を選択。患者にとってリスクが低く、確実な効果が望める治療を提案しています。

渋谷エリア

若返り美容整形のスペシャリスト 飯塚 雄久 医師 ベル美容外科クリニック

医師 シルエット

「アンチエイジング」をテーマに満足度の高い施術を実現

ベル美容外科クリニックの飯塚医師は、医学博士で日本形成外科学会認定の専門医。形を変えずに若返りが実現できる治療をテーマとし、美容外科医としても数万件の施術実績があります。症例件数、技術力ともに高いレベルにあるドクターです。

新宿エリア

目や鼻など顔のプチ整形を得意とする美の専門医 西尾 謙三郎 医師 もとび美容外科クリニック 新宿院

医師 シルエット

美容整形で50,000件以上の豊富な実績

美容外科医として症例50,000件以上の実績に裏打ちされた、信頼の技術力を誇る西尾医師。目や鼻など顔のパーツを美しく整形することで、顔全体の美しさを引き出す施術を得意とします。

池袋エリア

見た目の美しさにこだわる形成外科の職人 酒井 倫明 医師 酒井形成外科

医師 シルエット

一人ひとりに合わせたオーダーメイドのデザインを重視

形成外科医として見た目の美しさにこだわる酒井医師。一人ひとりの個性や要望に応えるオーダーメイドデザインを重視しており、カウンセリングで患者と「誠心誠意」向き合う事を信条としています。

眉下切開のできる
東京のおすすめ
クリニック一覧

上で紹介した5つのエリア別に厳選したクリニックにはそれぞれ、眉下切開の名医がいらっしゃいます。銀座・六本木・渋谷・新宿・池袋各エリアから厳選したクリニックについては下記ボタンからチェックできます。
さらにそのほかのクリニックについても調べていますので、通院に便利なクリニックを探してみてください。

眉下切開体験者の口コミ

続いて、実際に眉下切開を体験した人の口コミを紹介成功した人の口コミはもちろん、失敗した人の口コミもまとめています。ぜひ参考にしてくださいね。

半年ほど前に眉下切開の手術をしたのですが、良い感じです。傷跡もほとんど分からなくなりましたし、突っ張っている感覚なども全然ありません。こんなに自然な感じでたるみがとれるなら、きっと皆さんもやってみたいと思うのではないでしょうか…悩んでいる方たちには、ぜひおすすめしたいです。

編集部より

傷跡の目立たない仕上がりを実現するためには、“切開幅の正しい判断”や“縫い合わせるときの技術力”など、医師の腕が重要なポイントになります。クリニックを選ぶ際には、傷跡をできる限り目立たさないように配慮してくれ、また技術もしっかりある医師のいるクリニックを選ぶようにしましょう。

どのくらい腫れる?

麻酔は「部分麻酔」と「クリーム麻酔」(笑気麻酔はなし)でしたが、チクリとも痛みを感じませんでした。施術もスムーズでしたし、仕上がりにも満足です!先生もご自分で「技術力がある」と自負していました。施術後は、さほど腫れはなかったものの、少し頭痛がありました。でも仕事は翌日から復帰。傷口にテープを貼って前髪で隠し、一応メガネもして行ったのですが、とくに気付かれませんでしたよ。

編集部より

術後の腫れや頭痛にかんしては、体質はもちろん、麻酔の量なども影響するようです。心配な方は、あらかじめ医師に相談しておくと安心ですね。目元は顔の中でも皮膚の薄い部分で影響を受けやすいので、施術の経験が豊富な名医に担当してもらいましょう。

眉毛下切開という方法で目の上のたるみを取りました。傷跡は眉下ラインにできるので眉毛で隠れて目立ちにくい、素晴らしい方法です!私はもともと二重なのですが、たるみのせいで奥二重になってしまったので、以前の二重に戻したかったのです…。たるんだ部分の皮膚を切除する以外は何もしないので(二重をいじったり)、本当に自然な仕上がり。昔のような二重に戻ることができ、大変満足です!

編集部より

整形してパッチリ二重に!というのではなく、本来自分自身が持っている若々しい目元に自然に戻れるのは眉下切開の大きなメリットですね。傷跡が目立たないのも魅力です。整形というよりアンチエイジング目的の施術を希望している方は、同じように“整形ではなくアンチエイジング”を基軸に考えているクリニックを選ぶとよいでしょう。

眉下切開のカウンセリング
から術後の経過

以下に、まぶたのたるみを改善する「眉下切開」の一般的な流れを紹介。クリニックでのカウンセリングから、施術当日、また術後の経過まで、眉下切開の始まり~終わりをすべて流れでまとめていきます。

眉下切開以外の
目の上のたるみの
治療法を紹介

眉下切開以外にも、目のたるみを改善する方法はいくつかあります。
以下に、切開系の施術から切らない施術まで、一覧にしてみました。

目の上のたるみについて

まぶたがたるんでくると、目が小さく見えるだけでなく、一気に老け顔になってしまいますね。また額のシワの原因にもなり、老け顔は進行する一方です。ここでは、そんな目の上のたるみについて調べてみました。

メイクアップアーティストが提案
傷が消えるまで
目元メイク術

最後に、眉下切開の傷を目元のメイクで隠す方法にくわえ、目元の若返りメイク術もメイクアップアーティストに教えてもらいました。
ぜひチェックしてみてください。

「目の上たるみ対策委員会」
の編集方針

「目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト」をご覧いただきありがとうございます。
「目の上たるみ対策委員会」は、目のたるみに悩みを抱え、その対策を検討中の方向けに、たるみを一気に解決できる方法として現在注目を集めている“眉下切開”に関して多角的に情報提供するために立ち上げたWEBメディアです。
最近、目元がたるんで老け顔に見られることにコンプレックスを感じつつも、これといって決め手となる対策が見つからずに困っている方に向け、「これなら今までの悩みが解決できるかもしれない」「こんな方法なら自分でもトライできる!」という気付きを一つでも提供できたらと考えております。
この「目の上たるみ対策委員会」を立ち上げるに当たり、美容健康を専門とする編集メンバーが、東京都内で眉下切開ができるドクターやクリニックを調査いたしました。
そもそも眉下切開とは、一体どんな施術なのか詳しく情報を集めた上で、各クリニックの眉下切開の施術の特徴や、担当する医師の実績や経歴などを公式サイトで調査し、最新の情報をまとめました。
若い頃の自分本来の目元を取り戻す方法として、最近では幅広い年齢の女性が、眉下切開の施術に高い関心を集めているそうです。
そんな眉下切開に関して多角的な情報を提供しつつ、安心して任せられるドクターのプロフィールも紹介しています。
本サイトの情報が少しでも、みなさんのお役に立つことができれば幸いです。

運営者情報

  • サイト名:
    目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト
  • サイトURL:
    http://www.eyebincision.net/
  • サイト運営者:
    目の上たるみ対策委員会

このサイトは「目の上たるみ対策委員会」が運営しています。 このサイトに掲載している情報は、すべて「目の上たるみ対策委員会」の独自調査によるものです。できる限り正確を期しておりますが、クリニック選びの際は必ず各クリニックの公式サイトで内容をご確認下さい。(2018年7月)