目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > メイクアップアーティストが提案!傷を目立たなくする目元メイク術 > 40代の目元メイク

40代の目元メイク

眉下切開をしようか悩んでいる40代女性の皆さんに、施術の傷を隠せるコスメやメイク方法をたっぷりご紹介します。

眉下切開の傷跡は
メイクで目立たなくできるの?

メイクアップアーティストに
聞いてみました

岩田弘子さん

メイクアップアーティスト

岩田弘子さん

眉の下にできる傷におすすめなのが「専用ファンデ」!

肌の気になる小さな傷や肌の赤み、茶色み、青み、濃いシミなどは、普通のファンデーションではなかなかカバーしきれません。

自然にカバーできて厚くならない、カバー専用の部分用ファンデーションを使いましょう。

私イチオシのコスメを早速ご紹介します♪

岩田さんおすすめコスメ

おすすめコスメ

■大:パーフェクトカバー パウダー MV(フィッティング)
<メーキャップパウダー>
1色 10g 各3,500円(税抜)
■小:パーフェクトカバー ファンデーション MV
<部分用ファンデーション>
7色 20g 各3,500円(税抜)

資生堂から発売されている「パーフェクトカバーファンデーション」。先日リニューアルされて使いやすくなりました。
ちなみにカラーバリエーションは7色。自分の色が見つけられますよ。3種のパール剤が入っているため、赤み、茶色み、青みそれぞれのお悩みにしっかり対応してくれます。しかも使い方はかんたん!適量を指にとって、気になるところに伸ばした後、軽く押さえるようにつけるだけ。
傷の場合は、専用のブラシで凸凹を埋めるようにつけると目立ちにくくなりますよ。化粧もちもバッチリで、つけた後もサラサラです。

編集部より

専用ファンデで傷を隠して、ダウンタイム中もバレない目元に

眉下切開は眉のキワのギリギリを切るため、そもそも傷があまり目立たない施術法ですが、ダウンタイムの傷跡や腫れ、赤みが気になる方も多いはず。

ですが、術後の傷や赤みは「専用コスメ」でしっかりカバーできるのです。術後もメイクできるので、比較的挑戦しやすい施術です。「傷跡が目立ちそうだからちょっと…」と悩んでいる方は、一度、クリニックで相談してみると良いでしょう。

ちなみに…
まぶたのたるみをカバーする
40代におすすめのアイメイクを紹介!

今までのメイクが何故か似合わない、色味を変えても何かしっくりこない、何だか顔に合わなくなってきた…そんな悩みが出てくるのが40代。

そうとは知りながらも、実際はどうすればいいのか悩んでいる方も多いのでは?そこで今回は、上品な顔になれる40代の目元メイクや、眉下切開に合うメイクをメイクアップアーティストの岩田さんに聞いてみました!

40代のためのアイメイクは
「ハイライト効果で目元いきいき」がポイント

岩田弘子さん

メイクアップアーティスト

岩田弘子さん

40代は目元のくすみが気になってきます。下地や、目の下のハイライトで暗さをカバー。目の下のクマのラインの境目、上まぶた、目尻の切れ込み部分にリキッドタイプのコンシーラーをのせます。
くすんだままの肌に色をのせてもきれいに発色してくれません。上まぶたや目尻も忘れずに塗って、まずはくすみを取り除いていきましょう。

自分でできる!
40代におすすめのかんたんメイク術

メイクイメージ

ピンク系の下地、またはゴールドベージュの下地で肌トーンをアップしましょう。
目元のくすみが気になるときは、アイシャードーベース、またはコンシーラーでカバーしてからアイシャドーを塗ります。

メイクイメージ

アイシャドーは基本に戻って丁寧に!まぶた全体に明るいトーンのアイシャドーを地チップにとってつけます。濃いシャドーカラーを目の際に沿っていれワイパーを動かすようにブラシまたはチップでぼかします。

メイクイメージ

目のキワにもう一度先程のシャドーを入れて立体感を出します。
アイラインは目尻を少し引き上げるようにひき、目の下にはハイライトをさりげなく入れて立体感を入れると目元が引き立ちます。

今回使用したコスメ

使用したコスメ

1.クレ・ド・ポー ボーテ レオスールデクラ 16

2.ベネフィーク NT サクラフィルター ベース

3.左:M.A.C ストロボクリーム ピンクライト
 右:エトヴォス ミネラルUVグロウベース

40代が知っておきたい
メイク用品の選び方とは?

岩田弘子さん

アイシャドーはやはり王道のブラウンはどんなメイクにも合うのでおすすめです。そのほか華やかさをプラスするパープルや、ボルドーも目尻よりにいれてもまたはラインのようにいれてもよいでしょう。

また、マスカラ選びも大切。年齢と共に目尻が下がってくると、目と目が離れて見えてしまうもの。そんなときは、繊維の多いマスカラを目頭にたっぷりつけると、目の錯覚で目の間隔がせまくなり、若々しい目元になりますよ。