目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > メイクアップアーティストが提案!傷を目立たなくする目元メイク術 > 【特集】傷が目立たないアートメイクとは?

特集傷が目立たない
アートメイク

眉下切開をしたいとお悩みの女性の皆さんに、施術の傷を隠せるアートメイクをご紹介!
特徴や体験者の口コミ評判、メリット・デメリットなどを分かりやすく解説します。

アートメイクで
眉下切開のキズは隠せるの?

そもそもアートメイクとは?

アートメイクとは、皮膚下部分に、専用のニードルで染色する技術のこと。普段のメイクよりもナチュラルに、かつ美しく仕上がり、痛みが少ないのが特徴です。タトゥー(刺青)とは違い、数年で色が消えていきます。また、アートメイクは「いつものメイクのベース」と考えるのが一般的。鮮やかにはっきりと目立たせるのではなく、肌の状態や骨格、顔の表情などを考慮して、自然な仕上がりを目指します。
一番の特徴は「水に落ちないこと」。スポーツや海水浴、温泉など、素顔を見せたくないシーンで活躍します。メイクをするのが面倒な時にもおすすめ。また最近では、医療補助技術として、白斑などの色素異常部分の施術にも使われています。

アートメイクをする
メリットデメリット

メリット

  • 毎日メイクをする必要がなくなる
  • メイク時間を短縮できる
  • 素顔に自信が持てる
  • 水や汗をかいても落ちないので、海やレジャーに行くときに便利

デメリット

  • デザイン変更は困難
  • 色素の除去が困難
  • レーザー除去する場合はお金と時間がかかる

アートメイクを体験した方の口コミ

女性

年代不明

すっぴんでもしっかり目力がキープできます

すっぴんでも目力をキープしたいと思ってアートメイクにチャレンジしました。アイライン上下ともに黒で、上はまつ毛の生え際のみ。下は目尻から3分の2くらいのところまでを入れるという自然な感じにしてもらいました。仕上がりは満足です!
アートメイクにプラスしてまつげエクステやまつげパーマを追加するともっとすっぴんに自信が持てます。メイク時間も短縮されて、すごく楽になりました。

女性

年代不明

2時間くらいでイメージ通りの眉をGETできました

いかにも「アートメイクしてます!」という感じにはしたくなかったので、自分で形を選べるところにしました。普段のメイク通りの眉を書いて、その上をスタッフの方がなぞるように型取りしてくださったので、イメージ通りの眉になりました。
カウンセリングを含め、全部で2時間くらいでした。 2週間くらい経ちましたが、少し馴染んでいるので、次回はもう少し濃く残るように施術してもらいたいと思います。

編集部より

アートメイクを入れなくても
キズが目立たない技術を持つ
名医を選ぼう

眉下切開において傷跡を目立たないようにするためには、“切開幅の正しい判断”や、“縫い合わせる時の技術力”が求められます。そのため、失敗しないためにはクリニック(医師)選びがとても重要となるのです。ぜひ、傷跡をできる限り目立たさないような配慮をしてくれ、また技術力も備えた先生を選びましょう!