目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > これですべてわかる 眉下切開について

眉下切開とはどのような施術?効果やメリットなどすべてがわかる!

眉下切開には別名も

「眉下切開」とは、眉毛の下縁に沿って皮膚を切開し、数mm~1cm程度たるんだ皮膚を切り取ることで、目の上のたるみを解消する手術法です。このサイトでは眉下切開で統一していますが、そのほかに「眉毛下切開」「眉下リフト」「眉毛下切開」「上眼瞼リフト」「上眼リフト」など、さまざまな施術名で呼ばれています。

二重のラインでたるみを取るよりも目に与える影響もリスクも低く、傷痕が眉毛で隠れるため施術を受けたことが周囲にばれにくい、ダウンタイムが短いといったメリットがあります。以下に眉下切開の特徴や施術法、どのような人に向いているか、さらに失敗事例なども紹介していきます。

眉下切開施術の流れ

まず施術例などを見て
デザインを決めます

眉下切開イラスト

まつげのすぐ下の
厚い皮膚を切除します

眉下切開イラスト

仮縫合し、
リフトが十分か確認します

眉下切開イラスト

傷が目立たない位置で
縫合します

眉下切開イラスト

二重ラインの部分を切開する施術ではないので、二重ラインに傷が付かず、ナチュラルな仕上がりになるのが大きなメリット。一重まぶたの人は一重まぶたのままでたるみだけを除去することができます。整形のように顔を変えるのではなく、本来の自分が持っていた若々しさを取り戻せる施術です。

眉毛の下のラインで「毛包斜切開」という、毛法を温存する切開法をとることにより、縫合した傷の場所からも眉毛が生えてきます。眉毛がしっかり生えてくれることによって、傷も目立たなくなります。

ただし眉毛と目の間隔が狭い人や皮膚が非常に薄い、アトピーなど皮膚に問題を抱えている人など、眉下切開が向かない人もいます。

眉下切開は
こんな方におすすめ

眉下切開は、以下のような方におすすめできる施術です。

  • 加齢でまぶたがたるみ、三角形の目になってしまった
  • たるみのせいで二重ラインが狭くなってきた
  • 加齢で目が重くなり、額のシワが深くなった。頭痛や肩コリもある
  • 若い頃のようにすっきりとした目元に戻したい
  • 長い間アイプチやつけまつげをしていたせいでまぶたがたるんできた
  • 眉とまぶたの間が広くて目尻が下がっているように見えてしまう
  • 上まぶたがもともと腫れぼったく、疲れた顔に見える
  • 自然な厚みの二重にして目を大きく見せたい
  • 目元を整形したことが周囲にばれないようにしたい
  • 手術後に目の腫れが目立つのはイヤだ
  • 術後のダウンタイムをなるべく短くしたい

眉下切開のギモンをドクターに直撃!
手術に関する不安→疑問を
筒井先生に直接聞いてみました。

眉下切開に関する情報にはある程度詳しくなったものの、何を基準にどのクリニックを選んだら良いのか、まだちょっと不安という方もいるのではないでしょうか?そこで実際の施術の流れや、術後のアフターケア、クリニックの選び方など、患者がふと感じるギモンを集め、眉下切開を専門とする医師に直接聞いてみました。(協力:セオリークリニック 筒井裕介院長)

Q1

眉下切開を検討しているのですが、施術全体の流れを教えて下さい。

A

眉下切開手術の大まかな流れとしては、まずたるみ方や骨格、皮膚のタイプ、患者さんが希望されるラインなどをカウンセリングで確認したうえで、左右差など考慮しながら眉毛の完成形をイメージしながらデザインしていきます。そのあとは麻酔をして切開し、余っている皮膚を切除。そして皮下組織の処理 止血、縫合という流れになります。

Q2

眉下切開は、医師の技術力が必要な施術と聞いたのですが、あまり腕の良くない医師の見分け方があれば教えて下さい。また、眉下切開の手術で最も腕の差が出るポイントとは、どのようなことでしょうか?

A

まずはデザインです。目は開いたり閉じたりと動きが多く眉毛の動きも含めて連動するものなので、それらの動きも含めたデザインが重要になります。

通常、眉下切開の手術後には前額の緊張が緩み、眉毛の位置が本来の位置へと下がります。こうした術後の変化も考慮してデザインできるかが治療結果に大きな差を生み出すと考えています。

Q3

いくつかのクリニックでカウンセリングを受けてから、どこで眉下切開手術をするか決めたいと考えております。カウンセリングを受ける前に、事前に知っておくべきこと、注意すべきことはありますか?

A

手術の流れについて書いた部分で、「皮下組織の処理」という処置がありますが、ここはクリニックによって大きな差がある部分だと思います。

何を重要視しているのかによってここの処置が変わってきます。当院では基本は術後の腫れを最小限にとどめることを重要視していますのでこの処置の部分ではできるだけ筋肉にダメージを与えず、また出血も防ぐようにしています。
クリニックによっては眼輪筋を除去して引き上げるという処置を組み込むこともあり、その場合にはより腫れやすくなるため、ご本人の希望をしっかりと伝えて、細かな処置の内容を決定してもらった方が良いと思います。

Q4

専門家の立場から、信頼できるクリニックとそうでないクリニックの違いは何でしょう?

A

まずは症例写真があること。経過の写真が見れることです。また、当たり前ですがカウンセリングがドクターであることが重要です。
カウンセラーがカウンセリングするクリニックによいクリニックはありません。なぜなら、カウンセラーに治療の選択権がある場合、売り上げ重視になり不必要な治療なども勧められてしまうからです。
また目の上のたるみの症状の原因は複数あるため診断が難しいので、必ず目のたるみの治療に詳しいドクターを選ばなければなりません。

Q5

手術するのに抵抗があるのですが、術後のダウンタイムはどれくらいですか?

A

眉下切開の中でも皮下組織の処理と止血が術後のダウンタイムの長さを決めます。そのため手術のやり方により前後はしますが、目立つ期間は1週間程度という方が多いです。

Q6

1回手術をすれば大丈夫なのでしょうか?後遺症や副作用はないのでしょうか?

A

皮膚のたるみは必ず加齢とともに生じますので、1回手術しても永久にたるまないわけではありません。10年程度でまたたるみが生じ、手術を希望させる方もいます。

大きな後遺症や副作用はない治療ですが、皮膚を取りすぎると、目がつぶれなくなったり目の乾燥が強くなるなどの副作用が考えられます。

Q7

術後のアフターケアは具体的にどのような対応をして頂けるのか教えて下さい。

A

術後はまず1週間後くらいに抜糸が必要になります。その後は1ヶ月後検診、必要に応じて3ヶ月後など経過を診させていただいております。追加での処置が必要な場合には、眉下切開後のケアの場合、無料で行っています。

Q8

眉下切開の施術が合うタイプのまぶた、合わないタイプのまぶたがあれば教えて下さい。

A

眉下切開では目の開き自体に変化を起こすことができませんので、まぶたが開かないという眼瞼下垂の場合には適応がありません。

眉下切開の適応になるのは、上眼瞼の皮膚のたるみが目立つ場合です。
眼瞼下垂と上眼瞼の皮膚のたるみはパッと見た感じは似ているため、区別がつきにくく、専門家に診察を受けて、自分がどちらのタイプなのかを診断してもらう必要があります。

Q9

眉毛の濃さや形、アートメイクなど、眉下切開に向いていない眉下はありますか?

A

特にありませんが、アートメイクがあった方が術後の傷はより目立たないというメリットがあります。眉毛は濃い方が傷も目立ちにくくなります。

Q10

施術を受ける前と受けた後、注意すべきことはありますか?(日焼けなど)

A

術後のケアが重要であり、傷をできるだけ触らないことが重要です。また日焼けなどのめに見えない刺激からも守ってあげるようにする方が良いでしょう。

Q11

眉下切開を受けた患者さんたちからどのような声が寄せられているのか、具体的なエピソードがあれば教えて下さい。

A

多くの患者様の声として、「若返った」「手術してよかった」と言っていただいております。目の上のたるみは5歳老けて見える要因になりますので、ここを改善するだけで5歳若返る効果が出せるので、その効果を実感した声をよく聞かせていただいています。

Q12

正直、どのクリニックを選んだら良いのか分かりません。失敗しないクリニックを選ぶにはどんな事に注意すれば良いのでしょうか?

A

カウンセリングを受けた際に感じる信頼感は非常に重要な要素だと思います。話をしていて、少しでもドクターに対して不安や不信感を持った場合には治療は避けましょう。
美容手術は急いで受けるものではありません。自分が納得できるまでよく探し、相談に行った上で一番良いと思ったドクターの治療を受けることが最良だと思います。

編集部より

眉下切開の手術で失敗したらどうしようと不安を感じている人も少なくないとは思いますが、セオリークリニックの筒井院長が答えてくれたアドバイスに従えば失敗せずに目の上のたるみを解決できそうですね。

とはいっても、初めての美容医療が眉下切開という方などは心配なこともたくさんあると思います。ていねいなカウンセリングで実績のある筒井院長のカウンセリングでギモンを解決してから、施術をするかしないかを決めればいいと思います。一度クリニックに問い合わせてみましょう。

眉下切開の基礎知識

施術方法

眉下切開では、眉毛の下の生え際ラインに沿って、上まぶたの余った皮膚を切除します。傷跡が目立たず腫れも少ないため、切開術のわりにダウンタイムが短いという特徴がありますが、仕上がりは執刀するドクターの技術・経験に左右されるところが大きいので、クリニックは慎重に選びたいところです。また、より傷跡が目立ちにくい「毛包斜切開」ができる名医を選ぶことをおすすめします。

効果

眉下切開は、一度の施術で一気に目の上のたるみを解消できる、たるみ解消効果の高い方法です。そして、その効果の持続期間は半永久的。
また、元々の目の形を変えることなく、たるみだけを自然に取り除けるのも大きな特徴です。ただ、より自分に合った施術で満足できる効果を得るためにも、自分にとって最適な施術法を提案してくれるクリニックを選びましょう。

メリット

眉下切開の大きなメリットは、「一度の施術で一気にたるみが解消できること」「傷跡が目立ちにくいこと」「仕上がりが自然なこと」の3点です。また、目の上のたるみによる視界の狭さをフォローする習慣の結果、額にシワが増えてしまったり肩コリになってしまったりする人も少なくありませんが、そういった身体の不調等も改善できます。

デメリット

眉下切開のデメリットとしては、主に、目頭のたるみを取るのには適していない、二重形成はできない眉毛と目の距離が近くなる、しばらくは赤みが残る(メイクで隠せる)などが挙げられます。
これらのデメリットも考慮したうえで、自分に合った施術法を提案してくれるクリニックを選びましょう。

傷跡

眉下切開は、基本的に傷跡が目立ちにくい施術です。また、術後しばらく傷跡が残っている期間でも、メイクやアートメイクで隠せるためそこまで心配する必要はありません。
ただ、やはり目の周りということで気になる方は多いと思います。できる限り傷跡の残らないキレイな仕上がりにするためにも、技術力・経験値の高い名医のいるクリニックを選びたいものです。

ダウンタイム

眉下切開のダウンタイム(腫れや痛み、内出血など)はクリニックによって差があります。そのため、カウンセリングでよく確認しておきましょう。

また、なかには、腫れを最小限に抑える施術を行なってくれたり、抜糸までの間も傷が目立たないよう医療用縫合接着剤を使ってくれたりと、ダウンタイムを快適に過ごせる配慮をしてくれるところもあります。選ぶならそのようなクリニックがおすすめです。

失敗

たるみに対する効果の高い眉下切開ですが、やはり切開・縫合する外科手術なので、医師の技術不足などにより失敗するケースもあるようです。
失敗パターンとしては、たるみを十分に改善できない、傷口が目立つ、まぶたが変形するといったものが挙げられます。
このような失敗を避けるには、技術力・カウンセリング力のある名医(クリニック)を選びましょう。

料金

眉下切開の料金相場は、両目:20万円前半~40万円弱くらい/片目:10万円以下~20万円くらい。これだけ幅があるのは、他の美容施術と同じく自由診療だからです。料金はもちろん、追加料金があるかどうかなどもクリニックによって違うので、事前に確認をしておきましょう。ちなみに、高ければ安心・安ければ危険ということはありません。料金だけで決めず、自分に合った施術を提案してくれるクリニックを選ぶことが大事です。

男の眉下切開

目の上のたるみは、男女限らず気になるものでしょう。眉下切開をはじめとする美容外科の施術は女性が受けることが多かったのですが、最近では男性の施術希望者も増えているようです。男性が眉下切開を希望する場合、どのような症状が多いのでしょうか。男性に多い眉下切開の症状とともに、それに合った施術法を紹介していきます。

眉下切開のリスク

眉下切開はたるみを取り除くことで目の上をすっきりさせる施術です。顔の印象まで変える眉下切開ですが、メスを使う施術なのでリスクに気をつけなければなりません。こちらでは、主に眉下切開の施術後に起こる可能性が高いリスクを紹介しています。すっきりと満足のいく瞼を手に入れるためにも、リスクを前もって知っておきましょう。

20代の眉下切開

20代でもまぶたに強い刺激を与え続けていれば、目の上がたるんでしまいます。アイプチ・コンタクトレンズなどの使用はまぶたの筋肉を衰えさせる原因に。一度目の上にたるみが出ると、元に戻るのが難しくなります。そのような場合、眉下切開が必要になるでしょう。気になる眉下切開の疑問について、まとめてみました。

アートメイク

アートメイクは肌の浅い層に染料を入れることで色を落ちにくくするメイク法です。クリニックのなかには眉下切開をした後の傷跡を隠すために、アートメイクをすすめる場合があります。クリニックがすすめるアートメイクを受けるべきか、受けるなら施術前と後、どちらが良いのか、アートメイクについての疑問点をまとめてみました。

アイプチ

塗ってクセを付けるだけで、簡単に二重が作れるアイプチ。その手軽さゆえに、メイクに欠かせないという方も多いのではないでしょうか?しかしアイプチを使い続けると、まぶたが伸びてしまうことも…。ここではまぶたがたるむ原因を調査。アイプチでたるみ目になってしまった人の体験談も載せています。

まぶたの垂れ下がり

年齢を重ねると共に目の周りの筋肉が弱まると、眼瞼下垂という症状が見られて、まぶたが垂れ下がってしまいます。条件によっては、20~30代でもまぶたが垂れ下がってしまうことも。ここでは、眼瞼下垂について詳しく調査しました。まぶたが垂れ下がってしまう原因を知ることで、たるみを予防しましょう。

病気

まぶたが垂れ下がる主な病気として、眼瞼下垂(がんけんかすい)があげられます。しかし原因は眼瞼下垂だけではありません。ほかにも「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」や「眼瞼皮膚弛緩症(がんけんひふしかんしょう)」などの病気も考えられます。これらの病気はそれぞれ治療法が異なるため、適切な治療を受けることが必要です。