目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > これですべてわかる 眉下切開について > 20代でも眉下切開すべき理由とは

20代の眉下切開

目の上のたるみが原因で顔の印象が悪いという人が、たるみを取る眉下切開を受ければ雰囲気が変わる場合もあります。20代で、目の上が厚ぼったくて気になるという人に眉下切開はおすすめです。眉下切開の特徴や目の上にたるみができる原因について、解説します。

20代の眉下切開について

顔の印象が変わる

目の上のたるみが原因で二重がはっきりとしない場合、眉下切開を受ければ二重のラインがくっきりと表れます。たるみによって眉と二重が離れていた距離が近づくため、すっきりとした印象の目元になる人も。眉下切開は二重に手を加えないため、自然な変化をもたらすことができます。

周りの人に気づかれたくない人におすすめの手術です。また、一重の人も眉下切開を受けることが可能。一重の場合、目の上にたるみがあると目が小さく見える人もいます。たるみを取り除けば目が大きくなったように見えるので、目が小さいのはたるみが原因なのか一度調べてみるのも良いでしょう。

眉下切開は目立ちにくい手術

眉下切開は目尻に近い眉の下を切開して、たるんだ皮膚を引き上げる手術です。傷跡が目立ちにくく、眉毛で隠すことができます。眉毛が薄い人など傷が隠れずに目立ってしまう場合もありますが、化粧やアートメイクで傷跡をカモフラージュができます。しかし、手術をする医師の腕によっては傷跡が目立つ場合も。傷跡の目立たない手術を受けるなら、技術力の高い医師の手術を受ける必要があります。

眉下切開の費用は高い?

眉下切開を美容目的で受ける場合は自由診療となるため、費用が高くなります。料金は20~40万円(両目)の設定が多く、平均金額は35万円以上に。20代にとって20万円以上の金額をポンと出すのは難しいものです。

お金を貯めて手術を受けるのもいいですが、保険が適用されない医療に対して利用できる医療ローンがあるため、利用するのも1つの方法だと言えるでしょう。

安いクリニックで手術を受けようと考える人もいるかもしれませんが、あまりにも料金の安いクリニックは注意が必要です。技術力のない医師が料金の安さで患者を呼び込んでいる可能性があります。費用が高いクリニックが良いわけではありませんが、平均金額を目安に手術が受けられるクリニックを選んだ方が良いでしょう。

なぜ20代でも目の上にたるみができるのか?

肌のうるおいや弾力を保つ成分であるコラーゲン・ヒアルロン酸が減少すると、皮膚がたるんできます。紫外線による肌へのダメージや加齢が原因となり、たるみは悪化するのです。しかし、20代の場合は他にも原因があります。

例えば、コンタクトレンズの使用やパソコン・スマホの長時間使用など。アイプチで一重を二重にするといった行為も目元を支える筋肉に負担をかけて、たるみを招く原因となります。

また、目を強くこするのも、たるみに繋がります。そのため、花粉症の人やアレルギーがある人もたるみやすい傾向にあるようです。体質の問題でまぶたを強くこする行為に繋がってしまうようであれば、体質改善をする必要もあるでしょう。

目の上のたるみは病気の可能性もある

まぶたを持ち上げる筋肉のことを眼瞼挙筋(がんけんきょきん)と呼びます。眼瞼挙筋の力が弱まると、まぶたが開きづらくなる眼瞼下垂(がんけんかすい)という病気になってしまうのです。

眼瞼下垂になると、まぶたの開きにくさから目つきが鋭く見えたり、眠そうに見えたり、目が小さく見えたりします。20代の場合、就職活動や遊びなどで人と多く接する機会が多いはず。眼瞼下垂によって人に悪い印象を与えてしまうこともあるでしょう。また、頭痛や肩こりなどの痛みも眼瞼下垂によって引き起こされます。

これらの症状を緩和するためにも、眉下切開は必要だと言えるでしょう。眼瞼下垂の場合、保険適用で1割り負担なら1~3万円、3割負担なら4~5万円で受けることができます。まぶたが開きづらい、目つきが悪くなったなどの症状がある場合は、クリニックに相談してみましょう。

編集部より

20代の眉下切開は、未来の自分への自己投資

目の上のたるみの原因は加齢によって起こると思われがちですが、20代でもさまざまな原因で起こると解りました。はっきりとしない二重・厚ぼったいまぶた・開かない目などの症状がある人は、眉下切開を考えても良いでしょう。20代のうちに目下切開を受けておけば、30代・40代と年齢を重ねてもあまりたるむことがありません。

ただし、まぶたに強い刺激を与え続けるとたるみが出てくるため、優しく触れることが大切です。費用面に関しては金額が高くなってしまうものの、医療ローンを使えば分割で払えます。利用しない手はないでしょう。