目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > これですべてわかる 眉下切開について > 眉下切開手術の失敗

失敗

眉下切開手術における主な失敗パターンを紹介します。大きく分けて「たるみが十分に改善できていない」「傷跡が目立つ」「まぶたが変形する」という3つのパターンがありますので、まずはそれそれについて説明していきます。さらに実際の体験談からも眉下切開で失敗しないコツをつかんでいただければと思います。

眉下切開の失敗パターン

たるみが十分に改善できていない

眉下切開は、眉下の余分な皮膚を切除することでたるみを解消する施術であり、皮膚をどれくらい切除するかによってたるみの改善具合も変わってきます。

しかし、皮膚の切除量にはどうしても限界があります。とくに高齢者の場合、たるみを切除し過ぎると、まつ毛に近い部分の皮膚(赤茶色の皮膚)が伸ばされて、色の付いたまぶたになってしまうことがあるのです。また、切除幅が多いほど、縫合の時にヨレてしまうというデメリットもあります。

そのため、たるみが多いと解消し切れないこともあるので、まぶたがたるんできたと感じたら早めに相談へ行きましょう。

傷跡が目立つ

傷跡が目立つかどうかを左右するポイントとしては、「毛包斜切開を行なっているか?」「縫合が丁寧か?」「腫れにくい施術をしているか?」など、複数挙げられます。傷跡のないキレイな仕上がりを目指すのなら、これらすべてに対応してくれる医師(クリニック)を選ぶことです。

ちなみに、毛包除切開や丁寧な縫合についてはホームページなどで言及しているところも多いですが、「腫れにくい施術」という点についてはなかなか言及しているクリニックはありません。しかし、傷が残らないようにするには、“腫れを最小限に抑える”ことも非常に重要。そして、腫れを抑えるには“施術中の出血を最小限にする”ことが重要です。この、“出血を抑えて腫れを抑える”ことを念頭において施術してくれるクリニックなら、傷跡も目立たない可能性が高いでしょう。

まぶたが変形する

下手な先生にあたると、まぶたが変形してしまうこともあります。何mm幅で皮膚を切除するかによって目の印象は大きく変わるので、事前のシミュレーションをしっかり行なえるクリニックを選びたいものです。皮膚をどの程度切除しなければならないか?(たるみがどの程度強いか?)をカウンセリングでしっかり把握し、最適な施術を提案してくれるところを選びましょう。

また、デザイン的な設計ミスにより二重の左右差が生じるケースもあります。これも、術前のシミュレーションができていない、技術力が低い、といったことに起因する失敗です。これらの失敗を避けるには、技術と経験のある名医を選ぶことが重要となります。

眉下切開手術で失敗した体験談から学ぶ

ツイッターで「#眉下切開」で検索してみると、眉下切開手術に対する不安やビフォア・アフターの症例写真が見たいという書き込みが多いのですが、なかには「傷がまだ治りません。深くて左右差あって、失敗されました」という失敗に関する書き込みもあります。

顔の左右バランスを考えて
デザインしてくれるのが名医

美容外科だけでなく手術がうまい先生、名医といわれる先生には「傷口がキレイ」という共通点があります。これは手先の技術だけでなく、「どれだけ傷口を小さく目立たなくしてあげるか」というポリシーがあるかどうかにもよります。さらに美容整形の場合は「デザイン力」も大切です。

人間の顔はセンターから左右対称になっているように思いがちですが、じつは左右でかなり差があるもの。目の大きさも違えば、二重の幅、眉毛のラインや毛の濃さ、顔のたるみ加減、顎のラインなど、じっくり鏡を見てみれば、いかに左右差があるかわかると思います。この左右差を考えずに手術してしまうと、失敗につながります。

デザイン力にすぐれた美容外科医であれば、手術前の顔が手術後にどのように変化すれば成功するか、経験値から割り出すことができます。こうした左右差や傷が治ってからの仕上がり感などいかにイメージし、デザインするかが名医の証でもあります。

眉下切開の体験談のなかから
失敗パターンをチェック

眉下切開を体験した人の失敗談にも学ぶことが多いと思います。ネット上にある体験談のなかには、「左の瞼が三角に釣り上がってしまった」「眉下切開がたれ気味になって目と眉の間が狭くなってしまった」というものもありますし、もっと衝撃的な体験談もあります。

『美容医療相談室』という口コミや体験談を集めたサイトでは、「眉毛下切開(上眼瞼リフト)」に関する口コミが掲載されているのですが、「右眉頭切開線下がもっこりふくれてきて、ボコボコとギャザー状態」になってしまったという体験談が掲載されています。このクリニックはミスを認めて修整もしてくれたようですが、もともと腕のよくない医師にあたってしまった可能性もあります。

眉下切開の手術をしてよかった
という成功事例も参考に

逆に満足しているという口コミのなかにも共通点があります。それはカウンセリングのていねいさとデザインにしっかり時間をかけるということ。実際、眉下切開の手術時間よりもカウンセリングやデザインに時間をかけてくれるクリニックのほうが、信用できるといってよいと思います。

顔の印象が大きく変わる目元の手術だからこそ、絶対に失敗はしたくないものです。眼瞼下垂などの場合は保険が適用されてかなり費用をおさえることができますが、眉下切開の手術は保険適用外なので、ある程度まとまった金額を支払う必要があります。決して安くはないその費用が無駄になるだけでなく、毎日失敗してしまった顔と向き合いながら生活していかなければならなくなります。

美容医療に関するクレームやトラブルはつ国民生活センターなどに相談することもできますが、できれば1回の手術で満足のいく結果を得たいもの。そのためにはやはり、腕のいい医師に手術してもらうしかないのです。

眉下切開で失敗しないためには

眉下切開の失敗を防ぐためには、カウンセリング力と技術力はもちろんのこと、デザイン力やセンス、術後のイメージを明確に提示してくれる医師を選ぶことです。そして手術することによるメリットだけでなく、デメリットやリスクについてもしっかり説明してくれるクリニックであること。これは非常に重要な要素です。

傷跡の失敗で圧倒的に多いのが、皮膚の切除のしすぎ。切れすぎてしまうとまぶたの形状が変形して、逆に不自然な印象になってしまいます。通常の眉下切開は、眉毛の毛根に沿った形で行います。そうすると毛根は死んでしまいケロイド状態のように、白っぽく瘢痕跡が残ってしまいます。

この傷跡を回避するためには、斜め切開を行える医師を選ぶ必要があります。斜め切開であれば、毛根の破壊を最小限に回避でき傷跡の上に眉毛が生えてくるので、傷跡を目立たなくすることが可能なのです。

眉毛の下を切開するので傷跡は最小限で、眉毛の縁に隠れるようになりますが、ここは医師の技術力次第ということになります。

技術力のある名医を選ぶことが
失敗しない一番のコツ!

眉下切開における失敗でとくに多いのが、皮膚の切除のし過ぎ。切れすぎてしまうとまぶたの形状が変わってしまい、不自然な印象の仕上がりになってしまいます。

また、傷跡が目立つ失敗も少なくありません。通常、眉毛の毛根に沿った形で切開しますが、そうすると毛根が死に、ケロイドのように白っぽく瘢痕跡が残ってしまうのです。この傷跡を回避するには、「斜め切開」を行なえる医師を選ぶことが重要。この切開法なら毛根の破壊を最小限に抑えられ、傷跡の上に眉毛が生えてくるのでより目立たなくできます。

どちらにしても、医師の技術力次第になることは否めません。眉下切開で失敗しないためには、まず技術力のある名医を選ぶことがなにより重要なのです。

カウンセリング力の高い医師を選ぶことも重要

最近は、やみくもに上眼瞼リフトの手術をしてしまう医師もいるようですが、これは要注意。大変高度な技術が必要なので、名医を選ばなければ後悔することになりかねません。

また、術前のカウンセリングも非常に大切です。カウンセリングで患者の希望やまぶたの状態をしっかりと把握し、その人に合った最適な施術を提案してくれる医師でないと眉下切開の成功はあり得ないからです。そして術後の効果はもちろん、痛みやダウンタイムなどのリスクなどについてもしっかり説明してくれる医師を選びましょう。

編集部より

技術力・カウンセリング力のある
クリニック選びがポイント

さて、眉下切開の失敗パターンについて見てきました。

目の上のたるみを一気に解消できる優れた施術ではありますが、やはり切開・縫合するという外科手術なので、医師の技術不足などにより失敗する可能性もあるのです。

眉下切開の施術で失敗しないためには、ぜひ、技術力・カウンセリング力のある“名医のいるクリニック”を選んでくださいね。