目元のお悩みをスッキリ改善!眉下切開完全ガイド
目元のお悩みをスッキリ改善!眉下切開完全ガイド
HOME » もっと知りたい眉下切開の基礎知識 » 失敗しないクリニックの選び方

失敗しないクリニックの選び方

眉下切開手術を受けて思い通りにならなかったという方々の口コミ失敗例をご紹介します。また、失敗しないためのクリニックの選び方も解説!

眉下切開手術の失敗談

眉毛下切開、修正を考えています!
術後はかなり腫れて、腫れが収まった後もつっぱった感じが消えません。修正を考えています。ちゃんとしたクリニックで手術すればよかったと後悔しています。

人相が変わってしまいました!
内出血は一ヶ月以上経ってやっとなくなりましたが、まだ傷も硬いです。一部はドレープみたいになってしまって主治医は「時間が経てば大丈夫」っていいますが……。
症例が多いと安心していましたが、細かく希望を伝えればよかったと後悔です。

完全に失敗です!
眉毛下切開を受けましたが、完全に失敗です。最悪です。安いところでやらない方がいいですよ。人生後悔します。

失敗ならやり直したい!
先日眉下切開をしたのですが、傷口が妙に腫れています。症例をみてもこんな腫れ方は見当たらないので、失敗ならやり直したいです。

かなり悩んでいます!
私は凄く目付きが悪くなりました。 上瞼の曲線が変わってしまって、 かえって老けた顔つきになってしまいました。
優しい顔立ちだって、言われていたのに……

眉下切開術で失敗しないためにはクリニック選びが重要

眉下切開の失敗を防ぐためにはカウンセリング力・技術力のある名医を選ぶことがなによりも大切です。

傷跡の失敗で圧倒的に多いのが、皮膚の切除のしすぎ。切りすぎてしまうとまぶたの形状が変形して、逆に不自然な印象になってしまいます。

通常の眉下切開は、眉毛の毛根に沿った形で行います。そうすると毛根は死んでしまいケロイド状態のように、白っぽく瘢痕跡が残ってしまいます。

この傷跡を回避するためには、斜め切開を行える医師を選ぶ必要があります。斜め切開であれば、毛根の破壊を最小限に回避でき傷跡の上に眉毛が生えてくるので、傷跡を目立たなくすることが可能なのです。

眉毛の下を切開するので傷跡は最小限で、眉毛の縁に隠れるようになりますが、ここは医師の技術力次第ということになります。

最近は、やみくもに上眼瞼リフトの手術をしてしまう医師がいますが、要注意です!大変高度な技術ですので、形成外科医の中でも名医を選択しなければ後悔することになりかねません。

また、術前のカウンセリングも大切です。術後の効果だけでなく、痛みやダウンタイムなどのリスクなどについてもしっかり納得のいく説明をしてくれるクリニックを選びましょう。

PAGETOP