目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > これですべてわかる 眉下切開について > 眉下切開のデメリット

デメリット

ここでは、眉下切開の手術において考えられるデメリットをまとめてみました。眉下切開が気になっているけれどデメリットが知りたい、施術は決めているけれどデメリットもしっかり把握しておきたい!という方など、ぜひチェックしてみてくださいね。

眉下切開施術のデメリットとは?

目頭のたるみは取れない

眉下切開の手術において切開する箇所は、眉毛の下の、まぶたの外側のたるみです。そのため、目頭のたるみがひどい場合は、眉下切開では改善できない可能性が高くなります。鼻の上まで切開するなど大きな手術をすれば目が下のたるみは取れますが、大きな傷が残る可能性があります。

ただ、老化によるたるみの多くは目の外側のたるみなので、ほとんどの場合は眉下切開で解消できます。若いときはまぶたの外側の方が広いのですが、年齢とともに内側が広くなり、外側がたるみで狭くなってきてしまいます。これが老け顔の原因ともなるのです。もしも目頭のたるみを改善したいと考えているのであれば、ほかの施術はないかなど、医師に相談してみましょう。

二重の手術は同時にできない

眉下切開の手術は、二重のラインを切開する「上眼瞼たるみ取り」と異なり、二重のラインを形成することはできません。そのため、一重まぶたの人が、「たるみを取るのと同時に二重まぶたを作りたい」という場合は、眉下切開と同時に別の施術を行なう必要があります。二重を作ることが目的の場合は、最初に医師にその希望を伝えて、どのような施術の組み合わせが理想なのか、十分に検討するようにしましょう。

眉下切開の施術を受けると、二重のラインが手術前より若干広がります。二重ラインを手術前にシミュレーションで完全に予測するのは難しいというのもデメリットのひとつ。なぜなら人によってまぶたの厚みや皮膚の特徴が異なるからです。

したがって、眉下切開と二重の施術を同時に行う場合は、担当医に自分の希望をしっかり伝えて、ご自身が考えている理想のイメージを理解してもらうことが大切です。二重幅に強いこだわりがないのであれば良いのですが、こだわりがある場合は、眉下切開の施術を受けてから1ヶ月以降に、改めて二重手術をするほうがよいと思います。

眉毛と目の間隔が狭い人はNG

眉下切開を行なうと、眉毛の位置が手術前よりも下がってしまうことがあります。そうなると当然、眉毛と目の距離が近くなってしまいますよね。眉毛と目の間のたるみ(余分な皮膚)を切開する手術なので、当然と言えば当然です。

もともとの顔立ちを生かして施術を行いたい、顔の印象を大きく変えたくないという方のほうが多いと思いますが、施術のせいでさらに眉毛と目が近づいてしまうとかなり印象が変わってしまいます。

したがって眉毛と目の位置が近い場合は、眉下切開は向いていない可能性があります。シミュレーションをするときに、「もしも眉毛のラインがいまより下がってしまったらどのような顔になるか」ということも想定して検討するようにしましょう。施術をしてから元に戻すことはできませんので、じっくり考えることが失敗を防ぐポイントです。

傷が眉毛で隠れず目立ってしまう場合がある

眉下切開は、傷跡が目立ちにくい施術です。とはいえ、皮膚を切開して縫合していることは確かなので、術後しばらくは縫合部分に赤みが残ります。実績のある名医であればあるほど、キレイに縫合してくれますし、傷痕は眉毛に隠れて目立ちません。

ただ稀に執刀経験の少ない医師に手術を受けた場合、眉毛と傷が離れてしまってメイクでも傷が隠せないことがあります。また人の顔には左右差がありますので、眉毛のラインが片方だけ下がってしまうなどして、両眉のバランスが崩れてしまうケースもあります。

傷や赤みといったダウンタイム期間は、抜糸後23ヶ月程度でなくなります。早い人であれば1ヶ月くらいでほとんど目立たなくなる人もいるようです。傷が目立たないメリットがあると同時に、医師のデザインが失敗すれば、逆に傷が目立ってしまうというデメリットもあることを覚えておきましょう。

編集部より

眉下切開にもデメリットはある。
だから手術前のカウンセリングが重要!

目の機能に影響を与えることなく、しっかりたるみをとって若々しい目元を獲得できる安全な手術法として、眉下切開は医師も推奨する施術法ですが、メリットの裏には必ずデメリットがあります。

ここで挙げた以外にも、切除できる皮膚の量には限界があるため、患者さん自身が期待していたほど、たるみが改善できないケースもあります。もともとの顔立ち、年齢、たるみ具合、皮膚のタイプ、二重の手術を受けるか受けないかなど、個々に条件は異なります。

目頭のたるみ取りには適さない、二重形成はできない、眉と目が近くなる、しばらくは赤みが残るという4点を紹介しましたが、これらのデメリットもしっかり説明してくれたうえで、自分に最適な施術方法を提案してくれる先生にお任せしたいものですね。ぜひ、そんな名医のいるクリニックを選びましょう。

それでもまだ不安が残るという方は、眉下切開の名医に答えていただいたQ&Aのページがありますので、そちらのページをご覧いただければと思います。