目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > これですべてわかる 眉下切開について > 料金

料金

眉下切開の料金にかんする情報をリサーチしました。施術の料金相場や追加でかかる料金、また、なぜクリニックによって料金が違うのか?といったことも説明しているので、眉下切開を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

眉下切開の料金について

相場は約20万円前半~40万円弱

眉下切開の料金は、他の美容施術と同じようにクリニックよって大きな差がありますが、だいたい20万円前半~40万円弱くらいの間(両目)で設定されていることが多いようです。平均としては、30万円代半ば~後半くらいでしょうか。ちなみに片目ずつの料金設定がされているところもあり、片目の場合だと10万円以下~20万円くらいになるようです。

眉下切開にもいくつかの方法があります。また、人によっては眉下切開と別の施術とを併せて行う場合もあるため、一概に「眉下切開の料金」という表現でくくることは少々難しいかも知れません。

より具体的に眉下切開の料金をイメージするために、以下では、都内のあるクリニックにおける、眉下切開関連の施術料金をご紹介します。このクリニックの料金は、全体的な相場に比べると少しリーズナブルかも知れません。

・ROOF切除術(隔膜前脂肪切除術)…324,000円

まぶたの眼輪筋の下で、かつ眼窩隔膜の上にある脂肪組織をROOFと言います。具体的な位置は、眉毛を含んだ眉下のあたりです。ROOFを切除することで、まぶたがスッキリした印象になります。

・眼窩脂肪除去…324,000円

まぶたの付近を横に切開し、まぶたの付近にある眼窩脂肪と呼ばれる脂肪組織を除去する手術です。術後はまぶたがスッキリとし、中には目が大きくなる人もいます。

これら眉下切開に加えて、別の施術も同時に受けた場合には、次のような料金となります。

・眉下切開+二重埋没法…388,880~432,000円

眉下切開に加えて、二重埋没法(切開しない二重術)を受ける方もいます。埋没法で留める箇所に応じ、費用は上下します。

・眉下切開+二重切開法…486,000~572,400円

眉下切開に加えて、半永久的な二重効果のある二重切開法を受ける方もいます。部分切開か全切開かにより、料金は異なります。

・眉下切開+挙筋前転法……648,000円

眉下切開に加え、挙筋前転法で眼瞼下垂を同時に解消する手術もあります。

上記のいずれの手術を受けるのであれ、当然ながら麻酔は必要となります。各クリニックで公開している施術料金の中には、麻酔代が含まれている場合と含まれていない場合とがあるため、カウンセリングの際にはしっかりと確認しておきましょう。

・局所麻酔…0円

眉下切開における麻酔は、局所麻酔を使用します。一般的な美容クリニックでは、局所麻酔は施術料金の中に含まれており、追加料金が発生することはありません。

・静脈麻酔…32,400円

眉下切開を受ける患者の大半は局所麻酔によって手術を受けますが、中には、意識がある状態で手術を受けたくないという患者もいます。その場合は静脈麻酔を使用することになります。ほとんどの美容クリニックにおいて静脈麻酔はオプションとなるため、追加料金が発生します。

同じ東京都内でもクリニックによって本当に大きな差があり、キャンペーン価格やモニター価格などを設けているところもあるので、クリニックへ相談に行く前にしっかりと調べておきましょう。

料金ではなく医師の技術で選ぶべき

美容外科で受けられる施術は基本的に自由診療です。そのためクリニックが自由に料金を決められます。

クリニックも運営していかなければならないので、通常、料金には家賃・人件費・広告費・材料費・設備費といったものが含まれます。これは美容クリニックに限らずどんなサービスでも同じですね。

そのため、クリニックによって当然大きな差が出てくるわけです。

“安かろう悪かろう”ではないですし、もちろん、高ければ良い治療が受けられるというわけでもありません。料金だけでは、どのクリニックが良いのか判断できないということです。

大事なのは、自分に合った施術をしてもらえるか?自分の望む効果が得られるか?ということ。覚えておきましょう。

料金の決まり方には仕組みがある?

自由診療のため一律の決まりはない

美しくなることを目的とした美容医療は、病気やけがを治すための治療と異なり、健康保険が使えません。こうした診療は自由診療と呼ばれており、クリニックごとに料金を設定することができます。

クリニックを運営するための家賃や人件費、広告費などを勘案したうえで設定されており、極端に安い料金設定にしても、極端に高い料金設定にしても構いません。キャンペーン価格やモニター価格もクリニックで任意に決めることが可能です。

施術方法による違い

先ほど説明したように、眉下切開には複数の方法があります。ほかの目元の手術をあわせて行うこともあるので、症状によって価格が変わってくるのです。

二重手術にしても、糸で留める埋没法と、メスを入れる切開法では価格が違います。これには手術の難易度やその特性が大きく関わっているのです。

安すぎる・高すぎるクリニックには要注意

手術を受ける側にとっては安いほうがありがたいというのが本音です。逆に、絶対失敗したくないからという理由で、料金の高いクリニックを選ぶ人もいるでしょう。

美容医療は自由診療なので、どんな価格をつけようとクリニックの勝手です。安いクリニックは不安とか、高ければ高いほど安心というわけではありません。

重要なのは医師の経歴やこれまでに行ってきた症例数、どんな施術を行うのか、アフターケアはあるのかというポイントです。価格はあまり気にせずに、信頼できるクリニックかどうか見極めることをおすすめします。

ほかのクリニックとも比較してみて、相場から大きく外れていないクリニックを選ぶとよいでしょう。

こんなクリニックは危ない? 料金表をチェック!

美容外科クリニックのホームページには料金表が載っています。目の上のたるみ治療ひとつとっても、複数の治療法があることがわかるでしょう。料金表を見ることで、危険なクリニックが見極められるかもしれません。

グレードが細かく分かれている

同じ手術なのに、ランクやグレードが細かく分かれているクリニックは要注意。同じ施術でも「スペシャルコース」や「スーパー法」などのランクをつけて、料金に差をつけていることがあります。これは、患者さんからできるだけお金を取ろうと考えているクリニックの策略かもしれません。

ランク分けしているクリニック全てがお金目当てというわけではありませんが、中にはそういうクリニックもあります。グレードによってどのように施術が変わるのか、詳しく説明してもらいましょう。

麻酔代などの別途料金や追加施術が
必要になる可能性も

クリニックによっては、追加料金がかかる場合もあります。もともとの提示料金に、麻酔代や薬代、検査代などが含まれていない場合があるからです。そのため、カウンセリングの時点でしっかりと確認しておく必要があります。また、たるみの状態によっては、眉下切開に追加して「ROOF切除」などの施術を同時に行なうケースもあります。その場合はもちろんトータル料金も上がるので、知っておく必要があります。

自分のたるみの状況に合わせてどのような施術が必要なのか、どのような追加料金の可能性があるのかなどをしっかりとカウンセリングで判断し、説明してくれるクリニックを選びましょう。

自分に合った支払い方法を
選択できるクリニックがおすすめ

料金の支払い方法は、クリニックによって異なります。現金一括のみ対応のクリニックもあれば、クレジットカードによる支払いが可能であったり、分割支払いやローン支払いが可能なクリニックがあったりと、それぞれです。自由診療で高額なことも多い施術なので、自分に合った支払方法を選択できるかどうかは結構大事なポイント。クリニック選びの1つのポイントになる項目だと思うので、ぜひ事前にチェックしておきましょう。

編集部より

安さだけで選ぶのはNG!
自分に合った施術を提案してくれる
クリニックを選ぼう

さて、眉下切開の料金について色々と紹介しましたが、いかがでしょうか?

目の上のたるみを一気に解消できる効果の高い施術ですが、自由診療のため、それなりの高額になることが分かりましたね。ただ、上でも紹介したように料金はクリニックによって大きく異なるので、カウンセリング時にしっかり確認しておきましょう(追加料金のことも忘れずに確認!)。

また、高ければ安心で安ければ危険というわけでももちろんないので、単純に料金で決めるのではなく、きちんと自分に合った施術を提案してくれるクリニックを選ぶことが大切です。