目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > これですべてわかる 眉下切開について > 眉下切開の手術は男でも受けられる?

男の眉下切開

男女限らず、眉下のたるみを取りたいという人は多いものです。女性の場合は、美容外科で眉下切開を受ける人もいますが、男性の場合は美容外科に行くのはためらわれるようです。

しかし、最近では男性でも美容外科を受診して、目の上のたるみ取りを行なう人も増えています。また、眉下切開だけでなく、「痩せたい」「脱毛したい」といった悩みで受診する男性も増加。美容外科は女性だけでなく男性も気軽に受診して良いのです。

男性の眉下切開について

眉下切開に種類はある?

眉下切開は眉毛の下部分を切開してたるみを切除する方法です。はっきりと区別できる種類というのはありませんが、クリニックや医師によって手術方法にアレンジが加えられているようです。

とあるクリニックの手術方法を見てみると、眉下ぎりぎりまで切開して、たるみを引き上げたあと医療用の接着剤を使ってぴったりと傷を接着させているところもあります。一方で眉下の毛根を残すように皮膚を斜めに切開して、傷跡が眉毛に隠れて目立たないようにする方法を行なうクリニックもあるのです。

なぜ目の上はたるむ?原因は加齢と外からの刺激

皮膚の真皮層が年齢とともに衰えてくると、皮膚を支える力がなくなりたるんできます。また、目の周りにある筋肉の眼輪筋の衰えによっても、目の上のたるみは悪化するのです。

加齢だけでなく、乾燥や紫外線によって肌がダメージを受けて弾力性が失われるのも皮膚がたるむ原因となります。

目元は顔の中でも重要なパーツ。目の上にたるみがあると、老けてみえるのはもちろん、目が小さく見えてしまうためお世辞にもかっこいいとはいえません。

また、視界が狭くなるので物が見えにくくなったり、目が疲れたりと日常生活に支障をきたすこともあります。日常生活に支障が出るほどのたるみの場合は、早急に眉下切開といった、たるみを取る手術を検討した方がよいでしょう。

眼瞼下垂(がんけんかすい)という病気の可能性もある

まぶたのたるみの原因はもしかすると眼瞼下垂の可能性もあります。眼瞼下垂になると、頭痛や肩こり、めまいなどの症状が起こり、悪化すると自律神経失調症になる人もいるのです。先天性と後天性のものがあり、先天性の場合はまぶたを引っ張る筋肉である眼瞼挙筋(がんけんきょきん)に発育異常があり上手くまぶたを引っ張れません。

後天性の場合、加齢によってまぶたの筋肉が支えられなくなるほか、コンタクトレンズの長時間使用によってもまぶたの筋肉に影響を与え眼瞼下垂になってしまう可能性があります。眼瞼下垂になってしまうと自然に治ることはなく、手術が必要です。クリニックによって費用は異なりますが保険適用で手術を受けられます。

まぶたが重くて開きにくい、視界が悪くなってきたという人はクリニックを受診してみるとよいでしょう。手術は病院のほかに、美容外科・形成外科でも受けることが可能です。

眉毛が薄い男性は傷跡が目立つ可能性もある

眉毛の薄い男性の場合、眉下切開を受けた直後の傷跡が目立つ可能性があります。眉下切開は文字通り、眉毛の下部分を切開してたるんだ皮膚を除去する手術。眉毛が濃い場合は、傷跡を眉毛で隠せるように手術ができますが、眉毛が薄いと傷跡が隠れにくいため、目立つ場合があるのです。

術後1~2週間で目立たなくなる人もいるようですが、なかには傷跡が目立ったままという人も少なくありません。傷跡が目立たないように仕上げてもらうには、手術経験が豊富な医師に執刀してもらう必要があるでしょう。

目の小さな男性は女性から選ばれにくい?

男性が眉下切開を受けた方がいい理由として、興味深い話があります。目の上にたるみがあると目が小さく見えてしまうものです。

イギリス・ダーハム大学の調査によると、女性が長く付き合いたい男性を選ぶ場合、目が大きく眉は弓なりといった女性の顔立ちに近い男性を選ぶ人が多いという結果が出ました。

反対に目が小さくて眉毛の濃い、いかにも男らしい人は長く付き合う上では選ばれにくい傾向にあるようです。もしも目の上のたるみのせいで目が小さく見えているのなら、運命の人を逃している可能性があるかもしれません。

とくに日本人は腫れぼったいまぶたで一重の人が半数を占める人種です。出会いが少ない原因には、目の上のたるみが原因かもしれません。

編集部より

眉下切開に男女の違いなし、手術を受けるなら美容外科がおすすめ

男性も女性も眉下切開を受ける場合の違いはあまりないといえます。ただ、女性は手術後の傷跡を化粧で隠せますが、男性は化粧をする習慣がないので難しいでしょう。

傷跡の目立たない手術を受けるなら、切開方法や縫合方法を工夫しているクリニックを選ぶことが大切。眉下切開の手術経験が豊富な腕の良い医師にお願いすることも重要です。

また、形成外科や病院は病気やケガの治療が目的で手術をする場合、傷跡への配慮がない場合もあります。

見た目に配慮して、傷跡がきれいな手術をしてくれる医療機関を選ぶなら、美容外科がおすすめです。もしも美容外科へ行くのがためらわれるなら、メールで無料相談を受けているクリニックもあるので利用してみるのも1つの手。

メール相談を利用して、クリニックの様子を確かめれば美容外科に対するハードルも低くなるでしょう。