目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > これですべてわかる 眉下切開について > 眉下切開のメリット

メリット

ここでは、眉下切開の施術にはどのようなメリットがあるのか、実際にどのような悩みを抱えている人が受けるべきかを説明していきます。加齢により目の上の皮膚がたるんでいる状態に悩んでいる方だけでなく、軽度の眼瞼下垂と診断された方にも眉下切開は有効な治療法です。それでは実際にどのようなメリットがあるか、確認していきましょう。

眉下切開施術のメリットとは?

くっきりとした二重になり
若々しい目元が取り戻せる

眉下切開はたるんだ皮膚を眉毛の下で切除する手術なので、目の上の皮膚全体が引き上げられ、狭くなってしまった二重の幅も広がって、パッチリした若々しい目元が取り戻せるというメリットがあります。

加齢により目の上の皮膚にハリがなくなり腫れぼったくなると、いかにも歳を重ねた目元と表情になってしまうものです。昔はくっきり二重だったのに、と悩んでいる方は眉下切開の施術を受けるべきです。

二重のラインで切開する施術を受けると、二重のラインが厚ぼったくなって眠そうな表情になってしまうケースが多いのですが、眉下切開であればそのような心配はありません。

眉毛で隠れるため傷が目立ちにくい

眉下切開は、基本的に“眉の下ギリギリ”の部分を切開する施術です。そのため、術後に生えてきた眉毛で隠れて傷が目立ちにくいというメリットがあります。

さらに、「毛包斜切開」という切開法で手術してくれる先生であれば、さらに傷が目立ちにくくなります。

この毛包斜切開とは、眉毛の中から下側に向けて斜めに切開を行ない、毛根を切断する方法のこと。高い技術が必要ですが、この方法であれば毛根にダメージを与えずに済むため、手術後に眉毛が生えてくるスピードも落ちません。

美容整形を受けたことがバレない
自然な仕上がりになる

眉下切開は、目の上の二重ラインを切除する「上眼瞼たるみ取り」と違い、眉毛の下の、目の上の皮膚と皮下脂肪だけを切除します。そのため、とても自然な仕上がりになるというメリットがあります。いかにも整形したような目ではなく、元々の目の形や特徴はそのままに、たるみだけを取ることができるのです。

また一重の人の場合は目元の美容整形がすぐバレてしまうことが多いのですが、眉下切開であれば一重のまま、たるみだけをとることができます。「目の上のたるみは取りたいけれど、目元の表情を変えるのはイヤ」という方にピッタリの施術です。

おでこのしわがなくなる

                  

眉下切開で上まぶたのたるみが解消されたことで、額のシワが薄くなる、シワの数が減るというメリットがあります。

額にできるしわの原因として、上まぶたのたるみが挙げられるのをご存知でしょうか?上まぶたがたるんでくると、目の上にまぶたが垂れ下がって視野が狭くなります。瞼を上げて視界を広げようとがんばっても、まぶたの筋肉は少ないため十分に引き上がりません。

そこで、額の筋肉(前頭筋)を使ってしまうのです。つまり、額を使ってまぶたを引き上げようするわけですね。このとき、どうしても額にしわが入ってしまいます。これが習慣化すると、額にしわが刻まれて表情の一部になってしまうというわけです。

まぶたのたるみが原因の
肩こりなどが軽減される

上まぶたのたるみを解消することで、肩コリや腰痛が緩和されるケースもあります。

どういう事かというと、たるんだまぶたのせいで狭くなった視界を広げようとすると、前頭筋に力が入って額にしわが入ります。すると、後頭部にも力が入ってしまいます。筋肉というのは繋がっているものなので、緊張が伝わってしまうんですね。これが続くと、肩こりなどの症状を引き起こす可能性があるのです。

また、まぶたが下がると顎を上げて物を見ることが多くなり、これが首や肩の継続的な緊張につながり、肩コリなどを引き起こすのです。

そのため、上まぶたのたるみが取れて視界が広くなることで、後頭部や首、肩の緊張が取れ、肩こりなどが改善されるというわけですね。

編集部より

眉下切開であれば自然なかたちで
目の上のたるみを一気に解消できる

目の上のたるみを一気に解消できる治療法「眉下切開」のメリットについてまとめてみました。やはり大きいのは、一度の施術で一気にたるみが解消できること、傷跡が目立たないこと、仕上がりが自然なことではないでしょうか?

ただ、これらのメリットを最大限に感じるためには(とくに傷が目立ちにくいこと・自然な仕上がりになること)には、名医がいるクリニックを選ぶことが重要!ぜひ、技術・経験を備えた医師にお願いしましょう。