目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > これですべてわかる 眉下切開について > まぶたが垂れ下がる原因とは?

まぶたの垂れ下がり

まぶたを上げる力が落ちて、視野を狭めてしまう眼瞼(がんけん)下垂という症状が主な原因です。眼瞼下垂は頭痛や肩こり、うつ症状の原因になる可能性も。ここでは、眼瞼下垂の症状や受診するべき診療科についても紹介しています。

まぶたが垂れ下がる原因・対処法

まぶた周辺の筋肉が上手く働かない

まぶたの開閉に関わっているのが、上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉です。上眼瞼挙筋の末端の膜を「腱膜(けんまく)」と呼び、腱膜とその下にあるミュラー筋の2つが、まぶたの先端にある瞼板板(けんばん)と繋がって、まぶたを開閉します。腱膜が伸びてしまうと、まぶたを開閉する力が弱まり、たるみ目に。

また、「まぶたをこする」「強い刺激を与える」などの何気ない行動が原因となり、腱膜が瞼板から外れてしまうこともあります。これがたるみの原因となる腱膜性眼瞼下垂症の引き金に。

ミュラー筋だけでもまぶたを引き上げることは可能ですが、ミュラー筋に頼ると無意識のうちに余計な力が入ってしまい、目の奥が常に緊張状態になります。

眼球の痛みや眼精疲労に繋がる以外にも、首や肩の筋肉が緊張することでコリの原因に繋がるため、不調を増やさないためにも、早期にまぶたを上げる施術を受けるのがおすすめです。

まぶたの垂れ下がりは脳の働きにも影響する

脳の働きに影響し、うつの原因になる

人間は緊張やストレスを感じるとまぶたを強く開き、ミュラー筋を引き上げることで脳に信号を送って交感神経を刺激します。一時的な刺激なら問題ありませんが、長引くと脳に休みなく信号を送り続けられ、交感神経が有利な状態に。過度な緊張や不安感の増加、不眠症状を招いてしまいます。

腱膜性眼瞼下垂症が進行してミュラー筋が伸びきると、まぶたが開きにくくなって脳への刺激が減少。緊張やストレスは減るものの、「常に眠い」「やる気が起きない」「疲れやすくなる」といった症状が現れます。これらはうつ症状の一部で、「ミュラー筋の異常はうつ症状の原因となる」とも言われているのです。

生活の中で改善を試みることも可能

眼瞼下垂は手術の治療も可能ですが、生活の中で予防や改善を促せます。まず意識してほしいのは、目をこすらないことです。化粧をする機会の多い女性は念入りに洗顔するため、男性以上に顔をこすりがち。

メイクをオフする時も同じです。特にアイメイクは落ちにくく、ついまぶたを繰り返しこすってしまうことも。専用のリムーバーを使用し、毎日のスキンケアでまぶたに負担をかけないように心がけてください。

コンタクトレンズの扱いに気を付ける

コンタクトレンズをしている方も要注意。まぶたの裏にある腱膜を刺激して、腱膜を薄くし、瞼板から外れやすくする一因になります。そのためコンタクトレンズの長時間使用は避けて、着脱も丁寧に行なわなければなりません。

目を休ませるための方法としてまばたきがおすすめです。パソコンや車の運転の合間に、意識的にパチパチとまばたきをしましょう。また、軽くうつむく動作でもミュラー筋を緩めることができます。目安として1時間半に一度程度の間隔で実施しましょう。

就寝時にもストレスがかかることも

強いストレスを受けると、寝ている状態でもミュラー筋が引っ張られて交感神経に刺激が入ったままになることがあります。寝ていても脳が興奮状態になり、十分に休むことができません。睡眠時に顎を引く、頭を下向きにするなど姿勢を意識することで、ストレスを軽減できます。

まぶたが垂れ下がる場合は何科を受診すれば良い?

まぶたに異常を感じており、頭痛や肩こりに悩まされている場合、眼科だけでなく形成外科や美容外科で診てもらうことが可能です。これらの診療科で手術を受けることは可能ですが、手術の方法は医療機関によって変わり、統一されていないのが実情です。

まぶたと心身の不調は複雑な関係で、すべての医師が最適な治療方法を知っているとは限りません。まずはカウンセリングを受けたうえで、納得して治療が受けられるクリニックを選びましょう。

編集部より

眼瞼下垂は眉下切開で治療できる

調査した結果、まぶたが垂れ下がってきている人は、眼瞼下垂になっていることが多いようです。眼瞼下垂は眉下切開で治療可能。眼瞼下垂になると視野が狭くなるだけでなく、肩こりや頭痛の原因になることがわかりました。また、軽度のうつ症状になる可能性もあるようです。

眼瞼下垂の場合、保険診療で治療が受けられます。まずは保険診療を行なっている眼科や形成外科、美容形成外科などに相談してみましょう。ここで気を付けたいのが、治療を受けるクリニックが目周辺の施術を得意としているかどうかです。

こちらのサイトで紹介している眉下切開は、眼瞼下垂の治療に最適な施術です。眉下切開を得意とするクリニックをまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。