目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > これですべてわかる 眉下切開について > 施術方法

施術方法

ここでは、眉下切開の施術の方法について、くわしく紹介していきます。どの部分をどう切開するのか、併用できる手術はあるのか?手術中の痛みはあるのか?といった気になるポイントをくわしく解説しているので、眉下切開を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

眉下切開ってどんな施術なの?

眉下の生え際ラインに沿って
皮膚を切除するのが眉下切開

眉下切開イラスト

眉下切開では文字どおり、“眉毛の下の生え際ライン”に沿って、上まぶたの余った皮膚を紡錘型に切除していきます。この切除位置が、“傷が目立たず腫れも少ない”といわれる眉下切開の特徴を生んでいるのです。

切開する幅としては、通常10mm前後(612mm程度)。横幅は、眉毛の内側から外側までの約 5cm程度です。もちろん、患者さんの状態や希望などによって、ドクターの判断は異なってきます。

この切除幅に応じて上まぶたのたるみが除去されるのですが、実際には眉毛の位置も下がってくるため、術後の仕上がりを完全に予測するのは不可能といえます。つまり、ドクターの経験に大きく左右される手術なのです。

傷跡を眉毛で隠して
目立たなくしてくれる「毛包斜切開」

眉下切開の縫合線(傷跡)は眉毛の下に残ることになり、この傷跡をどれだけ目立たなくできるかがこの手術の重要なポイントです。眉毛から離れてしまった傷は目立つ可能性が高いでしょう。
その際、メスを入れる角度が非常に重要となります。そこで注目されるのが「毛包斜切開」です。毛包斜切断法とも呼ばれています。これは、眉毛部分を斜めに切断する切開方法であり、この方法だと毛根を痛めないため、傷跡に発毛を促すことが可能。最終的に傷跡は眉毛で隠れるようになり、ほとんど目立たなくなります。
眉下切開手術で自然な目元に仕上げるためには、かなり高度な技術が必要。一般的な「毛根に沿った斜め切開」の場合、毛根が死んでしまい眉毛が生えなくなったり傷跡が次第に下がり眉の外に露出してしまうというデメリットがあります。
この傷跡をできるだけ残さないようにするためには、眉毛部分を斜めに切断する「毛包斜切開」がおすすめです。眉毛全長に切開可能となり、初期からアートメイク風に見えるため、ダウンタイムも少なくなります。しかし、「毛包斜切開」には高い技術力が必要。
目力のある自然な目元を手に入れるためには高い技術力をもった、ドクター選びが重要なのです。

眉下切開は併用手術のバリエーションが多い

眉下切開は、他の手術との併用も可能です。たとえば、「眉下切開と埋没法」「眉下切開と切開法」「眉下切開と挙筋前転法」といった併用バリエーションがあります。

従来より、切開法・埋没法にかかわらず東洋人における幅広の二重手術(重瞼術)は、不自然な仕上がりになるケースが少なくありませんでした。しかし、眉下切開によって引き伸ばされたまぶたに重瞼術を施すと、切開法・埋没法ともに自然な幅広二重が実現できるのです。

また、眉下切開とスプリングスレッドを併用すると、顔全体(とくに正面から見た時)の若返りが可能となります。

さらに、まぶたが厚い方の場合は「ROOF(隔膜前脂肪)」や「眼窩脂肪」の切除も加えられます。両方の切除もどちらか一方の切除も可能で、切除量の調節や、左右で変えることも可能。まぶたの状態や希望によってドクターが判断し、仕上がりを調節できます。

麻酔をするから施術中痛みの心配はなし

手術中は麻酔を行なうので、痛みを感じることは通常ありません。ただ、痛みへの耐性や麻酔の効果については個人差があるので、心配な方はクリニックに相談してみるとよいでしょう。

ちなみに眉下切開では、一般的に「局所麻酔」か「静脈麻酔」が適用されます(麻酔には局所麻酔・静脈麻酔・全身麻酔・硬膜外麻酔・点眼麻酔・クリーム麻酔・テープ麻酔・笑気ガス麻酔などがあります)。

局所麻酔とは、文字どおり“体の一部に効く麻酔”。具体的には、対象部位の痛みを伝える神経や脊髄を一時的に麻痺させることによって、脳への信号をブロックして痛みのない状態をつくります。意識がある状態で、痛みだけをとることができます。全身麻酔に比べ、患者さんへの負担が少ない麻酔と言えるでしょう。

また、希望すれば「静脈麻酔」を選択できることもあり、静脈麻酔では眠っている間に手術が終わっています。痛みに敏感な人は静脈麻酔にも対応してくれるクリニックを選ぶのがおすすめです。

編集部より

目の上のたるみを
一気に解消できるのが「眉下切開」

目の上のたるみを解消する方法はいくつかありますが、一気に解消できる方法としては眉下切開がおすすめです。傷跡が目立ちにくく、腫れが少ないため切開術なのにダウンタイムが短いというメリットもあります。

ただ、執刀するドクターの技術・経験によって仕上がりが大きく左右される手術でもあるので、クリニックを選ぶ際にはぜひ、経験豊富で技術力もあり、傷跡が目立ちにくい「毛包斜切開」ができる名医のいるクリニックを選ぶことをおすすめします。