目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > 老け顔の大敵 目の上のたるみについて > 原因

原因

まぶたをはじめとする目の周りの皮膚はとても薄いため、たるみが目立ちやすいパーツです。ここでは、まぶたがたるんでしまう主な原因として、老化や紫外線、生活習慣、誤ったスキンケアが与える影響について紹介しています。

まぶたがたるんでしまう原因とは?

老化

まぶたのたるみの多くは、加齢によって起こる目元の筋肉の衰えをはじめ、皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸が減少することでハリや弾力が失われて、皮膚が痩せて次第にたるんできます。老化現象のひとつと言ってしまうと簡単ですが、全ての人がたるんでしまう訳ではなく、人によって骨格やまぶたの上の脂肪の量が異なるため個人差があります。

まぶたがたるみはじめると、しわが増えたり目が小さくなったりするので、目元の印象が大幅に変化するため表情にも変化が現れます。

紫外線

紫外線はお肌にダメージを与えることはご存知の方が多いと思いますが、まぶたのたるみにも悪影響を及ぼします。紫外線によって肌が日焼けすると、肌に活性酸素が発生し肌のハリや弾力を維持させているコラーゲンやエラスチンを破壊させる酵素を体内に増やしてしまうため、肌の抵抗力が衰えてたるみやすい状態になっていきます。

活性酸素を作り出さないためにも、外出前の紫外線対策は、年齢と共に入念に行うように心がけて欲しいと思います。

生活習慣

まぶたのたるみは顔の表情筋も大きく関与しています。現代社会において今や欠かすことの出来ないスマホやパソコンといった端末は、最もたるみを引き起こしやすい生活習慣と言われています。長時間使用することで目を酷使し、目の周りの筋肉が疲れやすい状態になったり、同じ姿勢で顔や体の筋肉にも負担がかかります。
また、無表情となりやすいため顔の表情筋がどんどん衰えていくので、まぶただけでなく顔全体がたるみやすくなるのでキケンです。寝不足や喫煙などもまぶたのたるみに影響を与えてしまうため、生活習慣にも気を付けるようにしましょう。

スキンケア

皆さんは毎日正しいスキンケアを行っていますか。毎日行わなければならないものだからこそ、間違ったスキンケアをしていると逆に肌にダメージを与えてしまうので見直す必要があります。洗いすぎたり、強くこすってメイクを落としたりするのは、肌に負担がかかるため絶対にNG!

目の周りは皮膚が薄く皮膚の組織を刺激して、たるみが生じやすい状態になってしまいます。使用する化粧品は界面活性剤が少ないものや、無添加のものなど肌に刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

編集部より

どうしても目のたるみを解消させたい人は
クリニックで治療しよう

老化や紫外線などさまざまなたるみの原因を紹介してきましたが、重度のまぶたのたるみを解消させるには、やはり専門クリニックで治療をしていくことをおすすめします。たるみを改善するための治療方法は年々進化しており、プチ整形とも言われている注入系の施術や、レーザーや手術による施術系など、個々の症状に合わせてさまざまな方法があります。

カウンセリングは随時行っているクリニックがたくさんあるので、気になる方は是非1度足を運んでみてはいかがでしょうか。