目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > 老け顔の大敵 目の上のたるみについて > 改善

改善

まぶたの状態によって、さまざまなたるみの改善方法があります。目の負担を軽減させるセルフケアから専門医による治療まで、たるみの予防や改善に役立つ方法をまとめて紹介します。

目の上のたるみの改善方法とは

生活習慣を見直す

日常生活の中でパソコンやスマホを使用する頻度が増えて、目にはとても負担がかかっています。そのまま放置していると視力低下はもちろん、目の周りの筋肉も衰えてまぶたもたるみやすくなるため、目の疲れが溜まりにくいような生活習慣を心がけましょう。

過度のストレスなども目の疲労と関係していることが明らかになっており、ストレスを溜め込まないようにしていくことが大切。また、視力に合わないメガネやコンタクトなども目の疲労を招くため、最近目を細めることが増えてピントが合わないと感じている人は、自分に適したものを着用するようにしましょう。

優しくつぼを押す

目の周りのつぼを刺激しながら優しく押すことで、血行が促進されるためまぶたのたるみにも効果があります。数あるつぼの中でも、眉の中央下あたりにある魚腰(ぎょよう)や目尻から1cmほど外側にある瞳子りょう(どうしりょう)は、まぶたのたるみに有効です。

ただし、つぼの位置は人によって微妙に違うため、目安となる部分を中心に心地よい刺激を感じる部分を押すことがポイント。強く刺激すると頭痛やめまいなど逆効果となることがあるので、気を付けて行いましょう。

「極力肌に触れないスキンケア」をする

目の周りの皮膚は薄いため、乾燥は大敵!皮膚が乾燥していると肌のバリア機能が働かず、しわやたるみが起きやすい状態になるため、しっかりと保湿したり毎日のスキンケアがたるみの予防と改善には必要です。目元は水溶性の美容液は肌に浸透しにくいため、目元専用のアイクリームや美容液を使用するのがポイント。

触りすぎるとたるみの原因となり逆効果なので、擦り込むのではなく優しく目元を抑えるように浸透させていきましょう。自己流のスキンケアではなく、たるみに有効なケアを見直してみましょう。

目の周りの筋肉をトレーニングする

目の周りにある眼輪筋を鍛えることで、まぶたのたるみを改善することが出来ます。ここではたるみに効くおすすめのエクササイズを3つ紹介していきます。

目を大きく見開いて左右を5秒ずつ見る×3セット、目を細めて目尻を人差し指で引っ張って目をギュッと閉じる、自然な状態で目を閉じてゆっくりと眉を上げ、まぶたが張ったところでそのまま8秒間キープする。眼輪筋を毎日動かすことで、目元の血行が良くなり老廃物や脂肪の蓄積を予防するため、目元がすっきりとしてたるみが目立たなくなります。

クリニックを受診する

セルフケアやエクササイズでも改善出来ないまぶたのたるみや、一気にたるみを解消したい人はクリニックでの治療も人気となっています。最近では、まぶたの状態に合わせてヒアルロン酸注射やレーザー治療、切開などの手術でその日のうちに若々しい目元を手に入れることが可能に。

直ぐにまぶたのたるみを取り除きたい人は、まぶたのたるみを熟知しているドクターが在籍しているクリニックでの治療で効率的にたるみを改善することが出来ます。

編集部より

自分のまぶたの状態に適した改善策を取り入れよう

まぶたの状態によって色々な改善策はありますが、短期間で直ぐに若々しい目元にするためには、クリニックで治療することをおすすめします。まぶたのたるみを知り尽くしたドクターであれば、現在のたるみの症状をきちんと見極めて最適な治療を提案してくれます。

まぶたの状態によって色々な治療方法があるので、まずはカウンセリングでどのような治療が適しているのかチェックしてみましょう。