目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > 眉下切開以外のたるみの治療法 > レーザー

レーザー

これまではデリケートな目の周りのたるみ治療は難しく、手術による改善策しかなかったのですが、最近ではメスを一切使わない画期的なレーザー機器によるたるみ治療が進化し、施術の選択肢も増えてきました。

レーザー治療でも、まぶたや目元の皮膚をしっかりとリフトアップして、若々しい目元にアプローチしてくれるので、最新のマシンになると更にたるみへの治療効果が高くなってきています。また、ダウンタイムがないので、体への負担も少なく誰でも気軽に取り入れやすくなっています。

機械系の施術・レーザー治療について

ダウンタイムがなく、たるみのない自然な目元にしてくれるレーサー治療。レーザー治療は切開の必要がなく肌の表面を傷つけることがないため、術後のダウンタイムを気にすることなく気軽に治療が受けられるところが最大のメリットです。

レーザー照射によって、肌の奥にある真皮の細胞を破壊することで、肌の内部から引き締めていきます。従来のレーザー機器では効果の持続性がデメリットとなっていましたが、最新鋭のマシンでは筋膜や筋肉層への作用も出来るようになり、施術を複数回行うことで効果の持続性も高まってきています。

マドンナリフト

マドンナリフトは、肌に極めて細かな炭酸ガスレーザーを照射することで、皮膚に刺激を与えてコラーゲンの生成を促し、肌を引き締めてたるみを改善させていきます。

治療を繰り返すことで、本来自分が持っている肌再生能力が活性化されるため、自然なかたちで目元のたるみを治療して行くことが出来ます。
また、照射することによって、肌全体のトーンアップやくすみなどの改善効果もあるようです。マドンナリフトをすると、目元のたるみだけでなく、軽度のしわにも効果が期待出来ます。
眼瞼下垂やまぶたの被さりの改善にも有効治療です。
さらに、目のたるみが改善することで、目元をナチュラルに若返らせることが出来るのです。

サーマクールアイ

サーマクールアイは、数々のレーザー治療の中でも、上まぶたのたるみに対して開発された専用の施術機器です。
高周波を照射することで、皮膚と脂肪層の両方に働きかけながら、コラーゲンの生成を促進させて、脂肪層の引き締めを行っていきます。サーマクールは、一度産生されたコラーゲンが長期間維持される特性があるので、短期間に何度も施術を受ける必要がなく、持続的な効果を実感することが出来ます。サーマクールをすると、たるんだ皮膚を解消できるだけでなく、幅広の二重を形成することが出来ます。また、切開手術をしなくても同様の効果が期待出来ることも魅力の一つ。ダウンタイムや痛みがほとんどないので、気軽に施術が受けられることもポイントです。

その他のレーザー治療

他にも、たるみの改善と目元の小じわ解消に効果的なレーザー機器などもあります。その中でも、タイタンXLというレーザー治療は痛みもダウンタイムがなく、強力な引き締め効果があることが特徴で、肌のハリやツヤも再生して美しく蘇らせてくれます。

クリニックによって取り扱っている機器も違うので、まぶたのたるみの状況に合わせて判断が出来るクリニックを選んだほうが良いと思います。