目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > 眉下切開以外のたるみの治療法 > 切らない手術

切らない手術

まぶたのたるみ治療には、切る方法と切らない方法があります。施術を選択する基準としては、個々のまぶたの脂肪や皮膚の状態によって異なります。

切らない方法の特徴としては、ダウンタイムが短く、リスクが少ないことが最大の魅力!近年ではプチ整形と呼ばれているお手軽なものも増えて、軽度のたるみの場合は色々な改善方法があります。

ただし、たるみが進行している場合やまぶたの皮膚が厚い人の場合は、切らない方法の場合だと元に戻ってしまうという可能性もあるので、一度で確実に治したい人は、切る施術のほうがしっかりと改善効果が望めると思います。以下で詳しく解説します。

眉下切開以外の切らない施術方法

切らないたるみ治療は、まぶたの切開が不要な施術なので、傷跡は数ミリほどしか目立ちません。

何度も通院することがなくリスクが少ない手軽な治療のため、軽度のたるみを解消したい人であれば充分な効果が期待出来ます。費用面においても、切る施術よりリーズナブルで行えるところも魅力となっており、幅広い世代の方が施術を行っています。

施術時間も15~30分程度で終わるため、体への負担も少なく激しい痛みもありません。

切らない施術の埋没法

埋没法は細い医療用の糸によって、まぶたのたるみを改善していく方法です。軽度のたるみやまぶたの皮膚が薄い人に向いている施術で、たるみを改善しながら二重形成も行うことが出来ます。

糸の本数によって目のハリを調整することが出来ますが、糸の本数が多いからと言ってたるみの改善につながるわけではなく、自分の目の形やたるみの症状に合った本数を選ぶことが重要。

目の上のたるみに関して、自分の目の状態に合わせてきちんと判断してくれるクリニックで診察を受けるようにしましょう。

埋没法2点どめ

埋没法2点どめはまぶたに糸2本で固定させて二重を作り、まぶたのたるみを改善する施術です。1点どめよりもしっかりと固定することが出来るだけでなく、デザインの自由度があり、まぶたへのダメージも最小限に抑えることが出来るため、術後のリスクが少ないプチ整形として人気となっています。

糸で止めているだけの簡単な施術なので、永久的に二重やたるみの改善を保証するものではありませんが、術後に腫れたり、通院の必要がないというメリットがあります。こちらも、自分の目の状態に合わせてしっかり判断してくれるクリニックで診察を受けると良いでしょう。

埋没法3点どめ以上

埋没法3点どめは、その名の通りまぶたに糸3本で二重を作り、まぶたのたるみを改善させる施術です。糸が増えることで取れにくくなるというイメージがあるかもしれませんが、実は、糸の本数が取れにくさにつながるわけではなく、本数が増えることでリスクが高まります。

埋没法で最も大切なことは、自分の目の形やたるみの症状に合った本数を選ぶこと!目の上のたるみに関して、しっかりと個人に適した診断を行ってくれるクリニックを選ぶことが大切です。