目の上のたるみを一気に解決!眉下切開の名医がわかるサイト > 眉下切開以外のたるみの治療法 > 切る手術 > 上眼瞼たるみ取り

上眼瞼たるみ取り

上眼まぶたのたるみ取りは、重瞼線切開法やアイリフトなどとも呼ばれており、まぶたの余った皮膚を切開することで、たるみを解消させる施術です。まぶたがたるんで二重の線が複数出ている人や、二重の幅を昔のようにハッキリとさせたい人に最適!二重の折り返し他部分が傷口になるため、施術後の跡が目立ちにくいという特徴があり、一重の方はハッキリとした二重のラインを形成することも出来ます。

目安となる施術時間はおよそ1時間程度となっており、術後の腫れや内出血などは1~2週間ほどで治まる人が多いようです。皮膚や脂肪を切除し過ぎると元に戻すことが出来ないため、高い技術が必要な施術になります。

上眼瞼たるみ取りのおもな特徴

施術する部分

眉下切開イラスト

二重の人は二重のラインに沿って切開をし、余分な皮膚や眼輪筋を取り除いていきます。

一重の人や二重のラインがたるんだ皮膚によって隠れてしまったり、二重の幅が狭くなっている人は、新たに二重にしたいラインに沿って切開することが出来るので、たるみの原因を取り除きながら理想の二重を作ってもらうことが可能です。

また、奥二重や一重のままが良いという人でも、上まぶたのまつ毛の近くを切開することで、自然な状態の目元に仕上げてもらうことも出来ます。

メリット・デメリット

メリット

  • たるみを解消しながら理想の二重ラインを形成することが出来る
  • 二重のライン上を切開するため、二重と重なって傷跡が目立ちにくい
  • まぶたのたるんだ皮膚とその下の皮膚を切除するので、元に戻りにくい

あくまでもまぶたのたるみを除去するための施術なので、二重のための切開施術と混同しないようにしましょう。

デメリット

  • 体質によって切開後の傷跡が目立ちやすい場合がある
  • 切開する量によって左右の目のバランスが異なってしまう恐れがある
  • ドクターの縫合技術によっては二重のラインが乱れてしまう場合がある

医師の施術テクニックや美的センスなどが問われる施術なので、クリニック選びは慎重に行う必要があります。

向いている人

  • 元々二重だったけど、まぶたのたるみで二重のラインが分からなくなってしまった人
  • たるみのせいで、まぶたに複数のラインが出てきてしまっている人
  • まぶたの皮膚のたるみや、目の上にくぼみのようなものが出てきてしまっている人
  • 二重のラインや幅も変えて、目元を若々しくしたいという人
  • 奥二重や一重で、まぶたのたるみが酷くなってきた人

傷や腫れ

切開を伴う施術はどの方法も個人差がありますが、上まぶたたるみとりの場合は、二重のライン全体を切開するため、強い腫れが3日~1週間ほど続きます。

体質によっては内出血が強く出てしまうこともあり、まぶたの浮腫みや腫れ、内出血が落ち着くには2週間程度かかります。経過を見ながら術後1週間前後で抜糸を行い、縫合部分の状態をチェックしていきます。

傷跡の赤みは1~3ヵ月ほど続く人もいますが、メイクで隠せる程度なので心配する必要はありません。

ダウンタイム

術後の経過は切除した皮膚や脂肪の量によって変わってきますが、術後の痛みなどはクリニックで処方される鎮痛剤で緩和させることが出来ます。

痛みや腫れが酷い場合は、冷やしたタオルなどを目元にあててアイシングすると楽になります。

また、抜糸までの期間はアイメイクを行うことは避けて、目元付近は擦らないように注意しましょう。

シャワーは施術当日から可能ですが、体の血流が上がってしまうと内出血が酷くなったり、縫合部分が腫れたりするので、入浴は抜糸の翌日まで控えるようにしましょう。

料金

上まぶたのたるみとりの相場は、12~15万円となっていますが、二重の埋没法などの施術と組み合わせて行う人も多いため、まぶたの状態によって金額に差があります。
上まぶたたるみとり+二重埋没法で30~40万円、上まぶたたるみとり+脂肪除去だと25~35万円くらいです。